新型コロナ感染症対策
新型コロナ感染症対策について      

新型コロナ感染症は、当面終息の気配がありません。 
これからしばらくは中長期に渡って対策を徹底して、  
日頃の生活を行い、練習に参加いただくことになります。
決して、新型コロナ感染症を甘く見ず、正しく認識し、  
本来、心身のために良い太極拳ですから、                  
以下の対策を徹底した上で練習を続けることによって、
自己免疫力を向上させ、健康な心と体を         
維持して行けるのではないかと思います。        
皆様のご協力をお願い致します。                            

◆はじめに                                                            
〇皆様への連絡が確実に取れるように、                    
 改めて連絡先を確認させていただきます。                
〇当面の間、「密接」となる練習                              
 (推手、散手、護身術、手を触れる指導等)は            
 行いませんのでご了解ください。                            
〇練習中は互いの間隔を空けるよう配慮します。          
 コロナウイルス感染症対策には、                            
自らを感染から守るだけでなく、                                  
自らが周囲に感染を拡大させないことが不可欠です。      
会員各位におかれましては、練習参加時に                  
毎回以下のチェックにご協力いただきますよう、              
お願い致します。                                                    

◆教室へ行く前に                                                    
毎日体調を確認し、過去2週間以内に、                      
以下の症状に一つでも当てはまることがあった場合には、  
練習参加を見送ってください。                                      
(練習参加の前には必ず検温をお願いします。)            
〇平熱を超える発熱                                                
〇咳(せき)、のどの痛みなど風邪の症状                      
〇だるさ(倦怠(けんたい)感)、息苦しさ                        
〇臭覚や味覚の異常                                                
〇体が重く感じる、疲れやすい等                                
また、コロナウイルス感染症に感染した方との                
接触が有る場合、同居家族や身近な知人に               
感染が疑われる方がいる場合は、                                
外出をお控えください。                                              
(当面の間、これらをチェックできる                              
受講カードを使用します。)                                      

◆練習の前後に                                                      
〇教室に入る前に、手洗い(石鹸を使って30秒間)        
 か、手指消毒を必ず行ってください。                        
〇更衣室が混んでいる場合は、時間を空けて、            
 空いた状態を確認の上でご利用ください。                  

◆練習中に                                                            
〇各自マスクを持参し、必ず着用のうえ、                      
 隣の方との間隔をできるだけ空けて練習してください。  
・マスクの着用により身体への負荷が大きくなる可能性が
 ありますので、息苦しさを感じたら休んでください。        
・マスクの着用により熱中症になりやすくなることに注意し
 こまめな水分・塩分の補給をお願いします。                
〇練習していない時も密集、密接にならないように          
 注意してください。                                                  

リーフレット(本内容)PDF